相続放棄を弁護士に任せるといくらかかる?弁護士費用の相場は?

元弁護士

山内 英一

相続放棄の弁護士費用 相続放棄に関するコラム

Q. 相続放棄を弁護士に任せるといくらかかる?

A. 相続放棄を弁護士に任せたときの費用の相場は5万円〜10万円程度です。ただし、費用体系や具体的な金額は各法律事務所によって異なりますので、依頼前によく確認しましょう。

相続放棄の弁護士費用の相場を独自に調査しました

相続放棄にかかる弁護士費用の相場は5万円〜10万円程度と言われていますが、実際のところどれくらいの費用となるのか調査してみました。

調査の結果、弁護士費用の平均は78,089円(税込)となりました。

なお、ここでいう「弁護士費用」とは、着手金・報酬金・事務手数料等の費用の合計金額となります。

法律事務所初回相談料(税込)弁護士費用(税込)
法律事務所A無料(60分)66,000円
法律事務所B5,500円〜11,000円(30分)32,890円
法律事務所C5,500円(30分)44,000円
法律事務所D無料55,000円
法律事務所E無料55,000円
法律事務所F無料66,000円
法律事務所G無料110,000円
法律事務所H無料110,000円
法律事務所I無料132,000円
法律事務所J無料110,000円
相続放棄の弁護士費用一覧

※調査方法・・・相続放棄の弁護士費用をWEBサイト上で公開している法律事務所を10箇所調査しました。相続放棄に関連する検索で表示される法律事務所から、無作為に10箇所選出しています。各料金は本記事公開時点のものですので、後に変更されている場合があります。

また、法律事務所の費用体系には以下のような特徴が見られました。

法律事務所の費用体系にみられる特徴
  • 初回相談料は多くの法律事務所が無料としていました。
  • 「残されている熟慮期間が1ヶ月を切っている場合」「相続発生から3ヶ月以上が経過している場合」等、残されている期間に応じて費用が加算される費用体系を採用している事務所が多く見られました。
  • 同一事案において、複数人の相続放棄を同時に依頼すると、一人あたりの費用が割引される費用体系を採用している事務所が多く見られました。
  • 弁護士費用の他、戸籍等の取得にかかる実費(数千円)や、申立てにかかる収入印紙代(800円)、郵便切手等の実費については、別途支払いが必要となるのが一般的です。

事務所によって費用が異なる理由は?

  • 依頼者が全ての戸籍類を取得するのか、弁護士が代理で取得するのか
  • 申立て後に家庭裁判所から送られてくる「照会書」への回答も弁護士が行うのか否か

など、事務所ごとにサポートの程度が微妙に異なり、それが弁護士費用に影響していることが考えられます。

また、

  • 相続放棄をすべきか否か迷っている方も広く受け付けているのか
  • 相続放棄をする意思が確定していることを前提として受け付けているのか

といった違いも費用に影響しているように思われます。

その他、相談料の有無、法律事務所のビジネスモデル、弁護士の専門性、法律事務所の知名度など、様々な要因が考えられます。

どの法律事務所に任せるのが良い?

では、どの法律事務所に依頼すれば良いのでしょうか。この点について、求めるサービス内容や経済事情は人それぞれですから、「安いから良い(悪い)」「高いから悪い(良い)」などと一概に言えるわけではありません。

各事務所のサービス内容(何をどこまでやってもらえるのか)をしっかりと確認した上で、金額に納得できるようであれば依頼しても良いと思います。

無難な選択としては、極端な価格設定の事務所は避け、上記の相場に近い費用を設定している事務所に依頼をするというのも一つの考え方だと思います。

相続放棄に関するコラム
相続放棄ナビ
タイトルとURLをコピーしました