相続放棄を弁護士に依頼するメリットとデメリット

元弁護士

山内 英一

相続放棄を弁護士に任せるメリットとデメリット 相続放棄に関するコラム

自身で手続きを進めることもできる相続放棄ですが、手続きを弁護士に任せるという選択肢もあります。この記事では、相続放棄を弁護士に任せるとどのようなメリット・デメリットがあるのかわかりやすくご紹介します。

相続放棄を弁護士に依頼するメリット

(1)相続放棄申述書の作成を任せることができる

相続放棄をするには、「相続放棄申述書」と呼ばれる書類を作成し、家庭裁判所に提出する必要があります。

弁護士は、裁判所に提出する書面を日常的に作成していますので、自身で作成するよりも正確かつ迅速に書面を作成することができます。

(2)必要書類の収集を任せることができる

相続放棄の手続きで難しいのは、戸籍謄本・除籍謄本・改正原戸籍・住民票除票・戸籍附票といった必要書類を不足なく収集する点です。単に取得するだけでなく、記載されている内容を読み解きながら取得していかなければならない点に難しさがあります。

3ヶ月という制限期間内に、必要書類を正確に把握して不足なく集め切るのは、想像以上に労力や時間がかかるものです。

相続放棄を弁護士に依頼すれば、弁護士が必要な書類を判断した上で、弁護士の権限で戸籍謄本等を収集してくれます。

(3)財産調査を任せることができる

亡くなった方(被相続人)の財産状況がよくわからないという場合には、財産調査も合わせて任せることができます。

個人間の貸し借りなどを調査することは困難ですが、銀行や消費者金融からの借入れなどを調査することができます。

もちろん、「財産調査は不要」ということであれば、相続放棄の手続きのみを依頼することも可能です。

(4)相続放棄に失敗するリスクを減らせる

裁判所に提出する書類に不備があった場合や、制限期間内の申立てができなかった場合、相続放棄前に禁止行為を行なってしまった場合など、相続放棄に失敗してしまうリスクは少なからず存在します。

自身で手続きを進めるよりも、相続放棄の経験がある弁護士に手続きを任せた方が、上記のように失敗してしまうリスクを減らすことができます。

(5)家庭裁判所とのやりとりを任せることができる

相続放棄の申述を行うと、家庭裁判所から連絡がくることがあります。例えば、書類の記載内容に関する質問や、必要書類の補正に関する連絡です。

このような裁判所とのやりとりを負担に感じる方にとっては、これらの対応を全て弁護士に任せることができる点もメリットとなるでしょう。

(6)疑問点を質問できる

「そもそも相続放棄をするのが最善の選択なのか」といったお悩みについても、相談時に弁護士から助言をもらうことができます。

また、相続放棄の手続きが完了するまでの間、「被相続人の部屋の清掃や遺品整理はしても良いの?」といったように、些細な疑問が生じることもあるでしょう。

そのような疑問が生じたら、依頼している弁護士に連絡してその都度確認することができます。

(7)相続に関わるトラブルに柔軟に対応できる

相続放棄の申述そのものに限らず、相続放棄に関係する他の業務についても、弁護士であれば柔軟に対応することができます。

相続放棄に関係する他の業務の例
  • 相続放棄の熟慮期間の伸長の申立て
  • 相続放棄が却下された場合の即時抗告
  • 被相続人の債権者から金銭支払請求をされたときの対応

また、相続放棄に限らず、相続に関するトラブルが発生してしまった場合にも、弁護士であれば代理人として対応することができます。

相続に関するトラブルの例
  • 相続を巡り相続人間でトラブルになってしまった
  • 調停や訴訟を起こされてしまった

このように、司法書士等の他の士業と比較して、対処できる範囲が広い点も弁護士に依頼するメリットの一つでしょう。

もっとも、どこまで対応できるかは法律事務所によって異なりますので、各法律事務所との契約前にしっかりと確認しておきましょう。

相続放棄を弁護士に依頼するデメリット

(1)弁護士費用がかかる

弁護士に代理人としての手続きを依頼した場合、弁護士費用(弁護士に支払う報酬)がかかってきます。

各事務所によって費用体系は異なりますが、弁護士費用の相場として、相続放棄1件あたり約5万円〜10万円は見込んでおくと良いでしょう。

安く感じるか高く感じるかは人それぞれですが、「自分で手続きを行った場合にかかる時間や労力、失敗のリスクなどを踏まえた上で、金額に納得感が得られるかどうか」がポイントになると思います。

(2)弁護士とのやりとりが必要となる

弁護士に依頼する場合、初回の相談を行います。相談は電話で行うか、事務所に行って直接面談するのが一般的です。相談にかかる時間は30分〜1時間程度です。

依頼すると決めた場合は、契約書に署名・押印を行います。遠隔地の事務所に依頼した場合は、契約書を郵送で取り交わすこともできます。

依頼した後も、手続きを進める上で追加で確認したい事項について、弁護士から連絡(電話やメール)がくることもあります。

このように、手続きを任せるとはいっても、弁護士と最低限のやりとりは必要となります。このようなやりとりを負担に感じる方にとっては、一つのデメリットといえるかもしれません。

弁護士への依頼に関するよくある質問

Q. 相続放棄を弁護士に依頼する場合、どのような弁護士に依頼すべき?

A. 相続関連の業務の経験がありそうな事務所を選ぶのが良いでしょう。法律事務所のウェブサイトに掲載されている「取扱業務」などをみると、相続関係の業務を扱っているかがわかります。

Q. 相続放棄を弁護士に依頼する場合、自宅に近い法律事務所を選んだ方が良いですか?

A. 弁護士への相談は電話やメールで、契約書の締結などは郵送で行えますので、相続放棄については県外の法律事務所に依頼しても特に問題はありません。実際に、全国各地からの相続放棄の依頼を受けている法律事務所も存在します。

それでも、電話やメール、WEB会議などの方法ではなく、弁護士と直接対面して相談したいという方は自宅や職場の近くの法律事務所を選ぶと良いでしょう。

なお、相続放棄の手続きは基本的に郵送で行えますので、法律事務所と管轄の家庭裁判所との距離を気にする必要もありません。

Q. 相続放棄は弁護士よりも司法書士に依頼した方が良い?

A. 一概にそうとは言えません。

なお、弁護士は依頼者の代理人として手続きを進められる(依頼者にかかる手間や労力が少ない)点や、弁護士の方が相続に関する業務を広く取り扱える点などに、弁護士と司法書士の違いがあります。

弁護士と司法書士の違いについては「相続放棄の相談先は?困ったら誰に相談すべき?」でも解説していますのでぜひご覧ください。

Q. 弁護士に依頼すれば裁判所に行かなくて良い?

A. 相続放棄の手続きを弁護士に依頼した場合、依頼者が家庭裁判所に行く必要はありません。

なお、相続放棄の手続きでは、弁護士に依頼する場合であってもご自身で手続きをする場合であっても、基本的に申述人が家庭裁判所に行く必要ありません。裁判所に提出する書面によって審理が進められるためです。

ただし、出頭を求められる場面が全くないとは言い切れません。万が一出頭を求められた場合、弁護士に依頼していないのであればご自身で家庭裁判所に行くことになります。

相続放棄に関するコラム
相続放棄ナビ
タイトルとURLをコピーしました