相続放棄の相談先は?困ったら誰に相談すべき?

元弁護士

山内 英一

相続放棄の相談先 相続放棄に関するコラム

相続放棄をしようと考えているものの、

  • そもそも相続放棄をするかどうかで迷っている
  • 財産調査や戸籍の収集を専門家に任せたい
  • 相続放棄の手続きを全て専門家に任せたい

とお考えの方も多くいらっしゃると思います。この記事では、相続放棄について誰に相談すべきか説明します。

1 相続放棄について誰に相談すべきか【相談先一覧】

相続放棄について相談すべき専門家は、弁護士か司法書士です。

弁護士は依頼者の代理人として交渉や訴訟手続きを行うなど、法律事務一般を扱う専門家です(弁護士法3条等)。司法書士は主に登記手続き等を行う専門家ですが、中には相続放棄のサポートを行っている司法書士もいます。弁護士と司法書士の主な違いは次の通りです。

弁護士司法書士
費用の相場約5万円〜10万円約3万円〜5万円
代理人として活動×
戸籍等の収集
財産調査
調停や訴訟の対応×

2 相続放棄を弁護士に依頼するメリット・デメリット

(1)相続放棄を弁護士に依頼するメリット

弁護士は、依頼者の代理人として手続きを進めることができます。弁護士との契約内容にもよりますが、主に次のような事項をあなたに代わって行ってくれます。

弁護士がやってくれること
  • 相続財産の調査
  • 戸籍等の必要書類の収集
  • 相続放棄の申述
  • 家庭裁判所とのやりとり

また、弁護士であれば、相続放棄にとどまらず、相続にまつわるトラブルが起きた場合に交渉や訴訟にも対応することができます。

相続放棄に関することを丸っと任せることができ、依頼者の関与は必要最低限で足りるのが弁護士の強みです。

(2)相続放棄を弁護士に依頼するデメリット

一般的には「司法書士よりも費用が高いのがデメリットである」と言われます。

司法書士への報酬の相場が3万円〜5万円程度であるのに対して、弁護士費用の相場は5万円〜10万円程度ですから、弁護士に依頼した方が支払う費用が高くなるのが一般的です。

費用面については、単純に金額だけを比較するのではなく、「何をどこまでしてくれるのか」といった点にも注意することでより良い選択ができるでしょう。

例えば、司法書士に依頼した場合、申述書の作成の代行と、戸籍等の収集が主なサポート内容となります。

弁護士に依頼した場合は、依頼者の代理人として、戸籍等の収集や申述書の作成はもちろん、家庭裁判所への申述、家庭裁判所とのやりとり等、必要なことを一括で行ってくれるのが基本となります。また、相続放棄すべきか否かの相談が可能な点や、万が一紛争に発展した場合の対応が可能な点も弁護士の強みと言えるでしょう。

これらの違いを踏まえた上で、依頼する専門家を選ぶと良いと思います。

3 相続放棄を司法書士に依頼するメリット・デメリット

(1)相続放棄を司法書士に依頼するメリット

弁護士よりも費用が安く済む点は一つのメリットと言えるでしょう。ただし、上述した通り「何をどこまでしてくれるのか」の違いが費用の差となっていることが多いので、その点は依頼する前にしっかり確認しておきましょう。

(2)相続放棄を司法書士に依頼するデメリット

司法書士は、相続放棄の手続きについての代理権がないため、書類作成のサポートを主な業務としています。

したがって、基本的には、司法書士から助言をもらいながら自身で手続きを進めていくことになりますので、弁護士に依頼した場合と比較して手間が多くなりがちな点はデメリットといえるでしょう。

4 弁護士と司法書士の違い

弁護士司法書士
費用の相場約5万円〜10万円約3万円〜5万円
代理人として活動×
戸籍等の収集
財産調査
調停や訴訟の対応×

相続放棄の手続きを代理人として(あなたに代わって)行うことができるのが弁護士です。他方で、手続きを自分自身で行うことを前提に、申述書の作成や戸籍等の収集等の手続きをサポートできるのが司法書士です。

また、弁護士は、万が一相続放棄が却下された場合の即時抗告や、相続に関してトラブルが起きた場合の交渉や訴訟についても依頼者を代理して対応することができます。他方で、司法書士が代理人として訴訟の対応をすることは一部の場合を除いてできません。

なお、戸籍謄本等の書類を特別な権限で取得できる点は、弁護士も司法書士も同じです。

このような違いを知った上で、あなたが信頼できる専門家に依頼しましょう。

タイトルとURLをコピーしました