相続放棄の手続きを司法書士に任せるメリットとデメリット

元弁護士

山内 英一

相続放棄を司法書士に任せるメリット・デメリット 相続放棄に関するコラム

相続放棄の手続きは司法書士に依頼することもできます。では、司法書士に手続きを任せるメリットとデメリットはどのような点にあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

1 相続放棄の手続きを司法書士に依頼するメリット

まずは、相続放棄の手続きを司法書士に依頼するメリットから紹介します。

(1)必要な戸籍謄本を収集してもらえる

司法書士は戸籍謄本などの書類の取得に精通しています。弁護士と同じように、職務上の権限で戸籍謄本等を取得できる「職務上請求」も利用できるため、手続きに必要な書類を効率的に収集できます。

相続放棄の手続きの中でも、必要な戸籍謄本(除籍謄本・改正原戸籍)を正確に読み取り、迅速かつ正確に収集するという作業はとても大変な部分です。そのような作業が苦手な方は司法書士に依頼すると良いでしょう。

(2)相続放棄申述書の作成をサポートしてもらえる

相続放棄をするためには、「相続放棄申述書」と呼ばれる書面を作成し、家庭裁判所に提出する必要があります。比較的簡易的な書面ではありますが、法的な書面であるため正確な記入が求められます。

司法書士は相続放棄申述書の作成代行なども行うことができますので、依頼をすることで記入内容の不備や誤りを防ぎ、手続きを円滑に進められるでしょう。

(3)相続放棄に失敗するリスクを減らせる

司法書士は戸籍の収集や申述書の作成などをサポートしてくれます。相続放棄の手続きに慣れている司法書士の経験や知識を借りることができれば、手続きに失敗してしまうリスクを最小限に抑えることができるでしょう。

2 相続放棄の手続きを司法書士に依頼するデメリット

次に、司法書士に任せるデメリットについても見ていきましょう。

(1)全ての手続きを任せることができない

司法書士に依頼する場合でも、全ての手続きを完全に任せることができるわけではありません。特に、弁護士に依頼した場合と比較すると、そのサポートの内容の違いが明らかになります。

というのも、弁護士は依頼者の「代理人」として手続きを進めることができますが、司法書士は「代理人」として手続きすることが法律上認められていません。この差によって、サポート内容の違いが生まれます。具体的には次のような違いがあります。

弁護士に依頼した場合、戸籍謄本等の収集、申述書の作成、家庭裁判所への申述、家庭裁判所とのやりとりなど、基本的には全ての手続きを任せることができます。家庭裁判所からの連絡も、代理人である弁護士に対して行われます。

一方、司法書士は「代理人」として行動できませんので、家庭裁判所からの連絡などは本人に直接来ますし、その対応も自分で行わなければなりません。書類の提出なども、あくまでも本人名義で進めていくことになります。

このように、司法書士と弁護士とでは任せることができる範囲に違いがある点は理解しておきましょう。

(2)司法書士に支払う費用がかかる

司法書士に手続きのサポートをお願いすると、司法書士に支払う費用が発生します。

司法書士に支払う費用の具体的な金額は、各事務所や事案の内容によって異なりますが、一般的には3万円〜5万円程度に収まることが多いでしょう。

ちなみに、自分で手続きを進めた場合、多くのケースでは3,000円〜5,000円程度の出費で収まります。

(3)司法書士とやりとりする必要がある

あなたが司法書士に依頼をしたとしても、司法書士はあなたの「代理人」になることができませんから、あくまでも手続きの主体はあなたのままです。

したがって、家庭裁判所からあなたに連絡がきた場合には、どうすれば良いのか司法書士にその都度確認するなど、手続き中は司法書士とのコミュニケーションが欠かせません。

このようなやりとりを最小限に抑えたいのであれば、司法書士よりも弁護士に依頼をした方が良いでしょう。

3 弁護士と司法書士の違いを整理

費用の違いの他、弁護士と司法書士は次のような点で異なります。

(1)弁護士は相続放棄をすべきかどうかの相談からサポートしてくれる

例えば、相続放棄について弁護士に相談した結果、

  • 相続財産に含まれる債務を「時効」で消滅させることができる
  • 債権者との交渉によって被相続人の借金を減額できそうである

といった事情が発覚することがあります。

その場合、時効の援用や交渉を弁護士に依頼してしまえば、そもそも相続放棄をする必要がなくなってしまうこともあり得ます。

このように、弁護士であれば、相続放棄の代行にとどまらず、より広い視点から依頼者にとって最善の解決策を検討することができます。

(2)弁護士は難しいケースも代理人として適切に対応できる

例えば、被相続人の死亡から3か月以上が経っていたり、申述人(相続放棄をしたい人)が相続財産を処分していたりすると、相続放棄が受理されないリスクが高くなります。

そのようなケースでは、相続放棄が認められるべきという主張を、論理的に適切な根拠に基づいて行う必要があります。弁護士に依頼した場合には、あなたの代理人として弁護士が主張を組み立て、「事情説明書」や「上申書」といった書面を作成し、申述を行なってくれます。

このように、難しいケースも代理人として適切に対応できる点は弁護士の強みでしょう。

(3)弁護士に依頼した方が依頼者本人の手間が少ない

司法書士に依頼するデメリットでも説明したように、弁護士と司法書士ではサポートの内容が異なるのが一般的です。

弁護士に依頼した場合は、相続放棄に必要となる各手続きについて、基本的に丸っと一任できてしまいます。その分、依頼者と弁護士とのやりとりも最小限で済みますので、依頼者の手間を削減することができます。

一方、司法書士は依頼者の「代理人」として行動できません。家庭裁判所から本人に直接連絡がきた時の対応などは、自分で行う必要があります。司法書士のサポートのもと、あくまでも本人名義で手続きを進めていくことになりますので、その分手間がかかると考えて良いでしょう。

 4 自分に合った専門家に相談しましょう

最終的には、自分の状況やニーズに合った専門家に相談・依頼することが重要です。相続放棄は一度しか行えない手続きです。自分でやるのが難しいのであれば、適切なサポートを受けながら慎重に進めなければなりません。お困りの方はぜひ司法書士や弁護士に相談してください。

相続放棄に関するコラム
相続放棄ナビ
タイトルとURLをコピーしました