甥姪(おい・めい)は相続放棄できる?期間や放棄後の注意点も解説

元弁護士

山内 英一

甥姪は相続放棄できる? 相続放棄に関するコラム

Q. 故人の甥(おい)や姪(めい)は相続放棄できますか?

A. 甥や姪が相続人となる場合、相続放棄することができます。

甥や姪が法定相続人となるケースを確認

相続人となる順番は民法で定められており、甥や姪は第3順位の相続人に該当します。

相続順
優先順位被相続人から見た続柄
第1順位子及びその代襲相続人(孫・ひ孫等)
第2順位直系尊属(親・祖父母等)
第3順位兄弟姉妹及びその代襲相続人(甥・姪)

※配偶者は常に相続人となります。

被相続人が亡くなったものの

  • 第1順位の相続人がいない(死亡や相続放棄をした場合を含む。)
  • さらに、第2順位の相続人もいない(死亡や相続放棄をした場合を含む。)
  • 加えて、第3順位の相続人である兄弟姉妹が、被相続人よりも先に死亡している

という場合には、代襲相続の結果として、甥や姪が相続人となります。

なお、兄弟姉妹が相続人となる場合、再代襲相続はありません。したがって、甥・姪のさらに子供が相続人となることはありません。

甥や姪が相続放棄する場合の期限は起算点に注意

相続放棄は「自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月以内」に行わなければなりません。この期間を「熟慮期間」といいます。熟慮期間を経過してしまった場合、原則として相続放棄をすることができなくなってしまいます。

(相続の承認又は放棄をすべき期間)

相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から三箇月以内に、相続について、単純若しくは限定の承認又は放棄をしなければならない。ただし、この期間は、利害関係人又は検察官の請求によって、家庭裁判所において伸長することができる。

民法915 条1項

ところで、甥姪が相続放棄をするケースでよくいただく質問があります。それは、「被相続人の死亡から3ヶ月経ってしまったので相続放棄はできませんか?」というものです。

これ対する答えは、ケースによって変わってきます。

ポイントは、条文に記載されている熟慮期間の起算日が「被相続人の死亡日」ではなく「自己のために相続の開始があったことを知った時」となっている点にあります。

(1)先順位の法定相続人が相続放棄をしたことにより、あなたに相続権が移ってきたケース

被相続人の子や直系尊属など先順位の法定相続人がいたものの、その方々が相続放棄をしたことによって、被相続人の甥や姪であるあなたが相続人となったケースについて考えてみます。

この場合、期間制限の起算日は、被相続人の死亡日ではなく、「先順位者が相続放棄をしたことを知った日」=「自己のために相続の開始があったことを知った時」となります。

そうでければ、先順位者が3ヶ月ギリギリのタイミングで相続放棄した場合に、後順位者が相続放棄をする時間がほとんど無くなってしまいますよね。

したがって、このようなケースでは、被相続人の死亡日から3ヶ月以上が経過していたとしても、甥や姪が相続放棄できる可能性があります。

この点を誤解していると、本来負わなくて済んだ債務を負ってしまうなどの不利益を被ることもあります。ご自身での判断が難しい場合には、弁護士等の専門家に相談してみましょう。

(2)先順位の法定相続人がそもそもおらず、被相続人が死亡した当日に、その事実を知っていた場合

一方、先順位の法定相続人がそもそもおらず、被相続人が死亡した当日にその事実を知った場合について考えてみましょう。

例えば、被相続人に子供はおらず、被相続人の両親や祖父母は既に亡くなっており、被相続人の兄弟姉妹(甥姪からみた親)も亡くなっているような場合です。

この場合「被相続人の死亡日」=「自己のために相続の開始があったことを知った時」となります。

このようなケースでは、被相続人の死亡日から3ヶ月以上経過していると、原則として相続放棄をすることができません。

もっとも、3ヶ月以内に手続きを行うことが難しい場合には、熟慮期間の伸長の申し立てを行うことによって熟慮期間を延長してもらえることがあります。

甥や姪が相続放棄する時の必要書類

甥・姪が相続放棄をする場合、全てのケースで共通して必要な書類等5点の他、さらに追加で4点の書類が必要となります。

(1)全てのケースで共通して必要な書類等5点

書類等備考
相続放棄申述書裁判所のウェブサイトで公開されている書式(PDF)を利用して作成します。
被相続人の住民票除票
または戸籍附票
住民票除票は被相続人の死亡時の居住地の役所から、戸籍附票は本籍地の役所から取得します。
申述人(相続放棄をしたい本人)の戸籍謄本申述人の本籍地の役所から取得します。
収入印紙(800円分)郵便局や法務局で購入します。
相続放棄申述書に貼り付けて使用します。
郵便切手郵便局やコンビニで購入します。
必要枚数や金額は管轄の家庭裁判所に確認します。
全員共通で必要となる書類

(2)甥姪が相続放棄をする場合に必要な書類4点

被相続人との続柄必要となる添付書類
甥(おい)
姪(めい)
・被相続人の出生時から死亡時までのすべての戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本

・被相続人の子(及びその代襲者)で死亡している方がいる場合、その子(及びその代襲者)の出生時から死亡時までのすべての戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本

・被相続人の直系尊属の死亡の記載のある戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本

・被代襲者(被相続人の兄弟姉妹)の死亡の記載のある戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本

甥・姪にあたる方が相続放棄をする場合は必要となる書類がとても多くなりますので、混乱してしまうこともあるかもしれません。制限期間内に全ての必要書類を正確かつ迅速に取得する自信がない方は、相続放棄の手続きを弁護士に任せることも検討してみてください。

甥や姪が相続放棄した後はどうなる?

甥姪が全員相続放棄した場合はどうなるのでしょうか。この場合、後順位の相続人はいませんので、相続人不存在となります。

このとき、相続財産に空き家や山林などが残っていると、それらを誰がいつまで管理するのか?という問題が発生します。

この管理義務(保存義務)の問題については、下記の記事で詳しく解説していますので、併せてご覧ください。

また、相続人不存在の場合、相続財産は最終的に国庫に帰属する(国のものになる)ことになりますが、放っておけば自動的にそうなるわけではありません。

このような場合に必要となる「相続財産清算人」の選任方法やそれにかかる費用等については、下記の記事で解説しています。

タイトルとURLをコピーしました